常駐先の経験

SEなどエンジニア業界では客先常駐という、セキュリティや個人情報の都合上、クライアント先に出向しそこで働くという形態がある。
最近ではWeb業界でもこのような形で働く案件が増えているようで、
僕は現在、業務委託(客先常駐)という形で、ある会社にお世話になっている。
忙しい時もあれば暇な時もあり、そのあたりはフリーランスと変わらない。
違和感を感じるのは自分の立ち位置だ。

正社員じゃないけどバイトでもない。
新入社員じゃないからか、他の社員と仲良くなることもない。

もやもやとした気分が続いてたとき、この記事を読んで妙に納得してしまった。

客先常駐は人間関係がなぜ悪い?【知っておきたい4つの理由】
客先常駐で良かったことを考えてみた。

そもそもあまり良く思われていないようだ。
たしかに正社員と比べ短期間の契約だし、仲良くやるメリットがないのだ。

また、業務委託を採用する会社は人手が足りない、もしくは辞めていく人が多い会社であるため、
ブラック企業の確率が高いようだ。

そのような劣悪な環境の中で、正社員でもなく、すぐ辞める業務委託の人間がいても、
殺伐とした人間関係がよくなることはないわけだ。

しかし僕が常駐している会社は、苦手な人はいるが全体として親切な人が多く、
働きやすい環境のような気がする。
皆、やりがいを持って頑張っている所も良い刺激になる。
平均年齢が若いので、若さに付いていくのは大変だけど、
ここで良い人間関係を築けたり、スキルアップにつながればと思う。