DreamweaverからSublime Text3へ

僕はWebディレクターもやってた時期が何年もあって、その間コーディングのやり方はずいぶん変わってしまった。
tableレイアウトが全盛期の時代にコーディングをやっていたので、
divだけでなく、flexboxを使ったコーディングには、ずいぶんと手を焼いている。

会社員時代は若手のコーダーがいたから助かっていたけど、
フリーランスになってからは一人でやらなくてはならない。
僕はデザインのみでコーディングはやりません、というスタンスでもいいかもしれないが、
それだと仕事が少なくなりそうなので、重い腰を上げてレスポンシブ対応のコーディングができるようになろうと思う。

僕がコーダー現役の頃はDreamweaverが全盛期だった。
今はBracketsやSublimeTextなど、軽いエディタを使ってる人が多く、
Dreamweaverのような重いソフトは敬遠されているようだ。

というか昔からなぜかDreamweaver(笑)という謎の勢力があり、
秀丸エディタmimikakiエディットを使う人がかっこいいという風潮があった(と思う)。
なかにはWinやMacにデフォルトで入ってるメモ帳でコーディングする強者もいた。

たしかに僕もドリよりフリーのエディタでゴリゴリコーディングする人の方が、
なんだかかっこいい姿に見えた。
でもドリはドリで便利な機能が満載で(それゆえ重い)、開発スピードは今でも早いと思う。
おまけにAbobeのライセンスを持ってればPhotoshopなどと一緒に使い放題だし。
当時のエディタは補完機能などホントになくて、不便なところもあったけど、
余計な機能はいらねぇ、ちょっとストイックな所が、コーダーの心をくすぐるのだと思う。

一人で開発するにはドリでいいと思うけど、
複数人で開発するする機会ができたので、このタイミングでSublimeTextも使えるように頑張ろうと思う。

おすすめのプラグインはこちらを参考に入れていった。
https://liginc.co.jp/226222