戦乱を生きた盲人が語る『盲目物語』

かつては近江の国は名将、浅井長政が治め、
織田信長の妹、お市の方が政略結婚として嫁いだ国でもあります。

そこに使える盲人が語り部として、
当時の戦国時代を語る物語です。

滋賀県の長浜周辺が舞台の中心で、
現在は少し寂しさを感じる地方都市ですが、
一時期は時代を左右する戦が幾度となくあり、
織田信長が天下を狙う足がかりの地でもあります。

このかつては歴史を変える舞台で、
今は静かな場所になった感じは『吉野葛』と共通するところで、
この二編が一冊の本にしてあるのも合点がいくわけです。

特に戦乱に翻弄されるお市の方が不憫。
はかなくとも強く生きようとする姿が盲人により語られていました。
他にも名のある武将が次々と話しに出てきますが、
とにかくお市の方の生き様が悲劇的でした。

また全体的にひらがなで書かれていて、段落も少ない。
このあたりが「語っている」感を出していて、
谷崎潤一郎の新たな演出も垣間見えました。