会社自体が物語だった『ピクサー流 創造するちから』

ピクサーの歴史、それ自体がひとつの物語でした。
創造的な会社の原動力やトップのマネジメントについて知りたかったけど、
正直規模が大きすぎて、日本の小企業に勤める一社員の僕には、
ちょっと浮世離れした話でした。

ただ読み物としては面白く、ジョージ・ルーカスやスティーブ・ジョブズなど、
そうそうたるメンバーが登場します。
生まれては消えていくベンチャー企業のひとつにならないよう、
そして著者のエド・キャットムルのコンピューターアニメーションを造りたいという、
情熱と努力の結晶が現在のピクサーで、
彼の気持ちのこもった作品が世界中のファンを広げているのかと思うと、
感動的でもあります。

著者自身は自分より優秀な人を採用することを念頭においてますが、
冒頭にさらっと買いてあるZバッファを開発するなど、本人も超凄腕の科学者だったりします。

マネジメントについても当然かいていますが、
僕としては創造的な作品をつくりだす姿勢に感銘しました。
マラソンのように時間をかけて取り組むと。

また、ブレイントラスト会議という手法は参考になりました。

参考:ピクサーとディズニーのストーリーの作り方はブレイントラストにあり!

また「トイストーリー2」の制作の裏側のカオスっぷりが、
現在の日本の制作会社なみだったのが、自分ごとのように感じ、
この体験をしっかり次の作品工程に活かしているところがすばらしかったです。

ショートムービーを実験や試行錯誤の場として制作しているところも参考になり、
進化する企業の一端を垣間見ることができました。