アプリを減らす

2016年現在、世の中には様々なSNSがある。
Facebook、twitter、LINE、instagram、tumblr、Google+、Linkedinなど。
今思いついたサービスだけでもこれだけあり、当然アプリもわんさかあり、
友達から知り合い、顔も見たこともないユーザーから様々な情報を得ることができる。

これらに加えニュース系アプリも加えるとかなりの量になる。
ここまでくると1時間、いや数十分単位で最新情報をチェックするはめになる。
通知をオンにすると家でもiPhoneを手放すことができなくなってしまう。

器用な人はこれでも大丈夫なのだろうが、僕には気持ち的にしんどくなってしまった。
上手く表現できないけど、「情報に縛られている」感じがしたからだ。

本当は全て削除したかったけど、さすがに知り合いと連絡ができなくなるのはまずいので、
去年の秋頃からtwitterやLINEのみ、iPhoneに残すことにした。

かれこれ3ヶ月くらい経つけど、特に時代の流れに遅れるという感じはしない。
むしろ気分が楽になり、重要だなと感じる情報のみ摂取できるようになった。
iPhoneの中もだいぶ整理され、軽くなった感じだ。

そして今更だけどブログを始めた理由は、情報を発信する側にまわりたいからだ。
よく常にスマホ片手に凄い勢いで情報を摂取している人がいるけれど、
そういう人の中で仕事ができる、または尊敬できる人がいなかった。

もうブログ自体儲かるメディアではないかもしれない。
それはやたらと広告を貼る方法が今後廃れるだけで、
面白いコンテンツを発信できる人はどのような手法であれ、影響力を持つと思う。
今だに有料メルマガで儲けている人もいるくらいだから。

自分は影響力を与える人にまではなれないと思う。
でも、発信する人にはなってみたい。
忙しくて更新できなくなっても、マイペースで少しずつでいいから、
知らない人とコミニュケーションとれるようになりたい。
それがWebの醍醐味だと思う。