腐った力を取り戻す『リンガメタリカ』

学生時代はわりと得意科目だった英語。
別に外資系企業に就職したいわけでもなく、留学したいとかそういった気持ちがなかったので、長らく英語から離れた生活をしていました。

ところが最近、英文を読んだり海外の人とやりとりすることが多くなり、「ふえぇ、外人さん怖いよ〜」となってきたので、スキマ時間をねらって英語を勉強しようと決意したのであります。
いや、勉強というより英語に触れる時間を増やすと言ったほうが正しいかもしれないです。

といっても何から始めたら良いかわからなかったので、大学受験の時にどうやって勉強してたか思い出す。
「英語は慣れ」というのは間違いじゃないと思う。
「単語は単体で覚えるのではなく、英文を読みながら覚える」というのも正しいと思う。
で、とにかく英文を読みながら単語を覚え、なおかつ英語に慣れるために買ったのが本書。

このサイトで現在覚えている単語数を計測したら、約5700語だった。
だいたい難関大学レベルの語彙数で、あー意外と覚えてるもんだなと思ったけど、いざ英文を読むときちんと理解できてるのかできてないのか、もやもやした気分になり、やはり長年離れていた僕の英語力は相当腐っているのがわかりました。

というか全体的に難しかった。メインは大学受験用の教材だけど、これわかる高校生いるのかな。
政治経済から科学、医学、インターネット、哲学と幅広い題材の英文があり、覚えるべき単語も難しかった。

英文を読む前に各分野の基礎知識を紹介するページがあり、高校生にはわからないと思うけど、おっさんにはだいたい知っている内容なので、このへんは飛ばしました。

当然一回読んだだけでは本書にある単語を覚えられずはずもないので、繰り返し読んでいます。
赤いシートもセットなので、赤字の単語の上にシートを乗せると消える仕組みになっていて、あー大学受験のときこんなのやってたなあと、妙になつかしさを感じてしまいました。

よく受験英語を意味がないという人はいるけど、それは違うと思う。
これをいう人は大学受験で苦い思い出がある人だと思う。

確かに僕の頃はいわゆる詰め込み教育で、リスニングやスピーキングもなかった。
ちゃんと英語の授業があるのに、英語が話せる日本人が少ないのもよくわかる。

しかし全く無意味ではなく、ちゃんと勉強すれば文法も読解力もつく教育内容ではないかと思う。

受験生でなくとも、英語の勘というか慣れを取り戻したい人には良書だけど、難易度は高めです。