onsen

温泉旅館

 

 

金沢の奥座敷、湯涌温泉の旅館のロゴ(仮)。
全国的には有名ではなく、大正昭和の名残りが残る、緑に囲まれた温泉地。
画家の竹久夢二が愛人とともに滞在した地であり、そこかしこにロマンあふれる花の模様が見られる。

今年で創業80年、昔ながらの安らぎのある旅館、歴史ある旅館を伝えたいというオーダーがあった。
和モダンというより昔ながらの落ち着く雰囲気が味わえる。

シンボルマークの「^」は山に囲まれた温泉地、横線は「浅」をシンプルな家紋にして歴史ある旅館を表現した。
くすんだ金色にしたのは金沢という地、自然に囲まれた地をイメージした。

自宅からも近く、足湯につかりながらのんびりできるので、家族で何度か足を運んでいる。
石川県で温泉というと和倉や加賀、山中などが有名だけど、 僕は湯涌を推したい。

onsen

日本語のロゴメイキング

ロゴを集めたいならPinterestなど画像共有サイトで十分。
でも制作過程を知るには参考書が必要なので買った。
日本語ロゴと銘打ってるだけあって、国内の様々なジャンルのロゴをピックアップし、それらが完成されるまでの道筋が描かれている。
クライアントからの要望、ボツになったデザインもある。

マインドマップを使ってコンセプトを言葉にすることは少しできるようになったと思うけど、その想いをデザインに落とし込むことはまだまだ苦手。
なのでまずは先人の素晴らしい作品を参考にしようと思った。

また無料のサービスではなく、身銭を切って買った本だ。
手垢がつくまで隅々読もうと思う。

onsen

税金について

大事なお金の話し。
まもなくフリーランス3年目。経理や確定申告のやり方もわかってきた。
節税対策、帳簿の付け方を教える本やサイトは多いが、
フリーランスの懐具合いが書いてあるところが少ないので、自分の経験を書こうと思う。

独立して経理や確定申告のやり方などを勉強して気づいたことだけど、
会社員と違ってフリーランスの税金はかなり安いことがわかった。
とともに会社員がいかに高い税金を払っているのかもわかった。

フリーランスになってからは仕事が少なくあまり働かなくなり、収入が減ったと思ったけど、
年間を通すと会社員時代より収入が良くなった。
これは制作費が直接自分の収入になったことと、
税金が安くなったからだと思う。

特に青色申告にすると65万も控除になる。
また自宅が仕事場なので、住宅ローン(家賃)や光熱費の一部を経費に計上できる。
仕事の関係のある書籍や交際費、項目をあげると様々な出費が経費となる。
確定拠出年金や小規模企業共済に加入すると全額控除にもなる。

これら経費、控除を売上から引くと計算上の自分の収入が決まり、
その金額に対し、所得税、住民税が決まる。
(国民健康保険は地域によって違ったりするので、安くするのが難しいらしい)

会社員は年収が決まると払う税金も決定するため、
フリーランスのように自分の努力で節税するのが難しいため、
自分の払う税金に対して無頓着な人が多いと思う。
もちろん自分もそうだった。

したがってフリーランスは仕事の量によって収入が激しく上下するデメリットがあるけど、
節税できるというメリットが享受できる。
なので僕の場合は収入が低い時期でもギリギリなんとかやっていけた。

フリーランスになって働く量が減り、少ない収入で暮らすのもよし、
会社員のままでたくさん働いて、たくさん納税するのも人それぞれだと思う。

onsen

常駐先の経験

SEなどエンジニア業界では客先常駐という、セキュリティや個人情報の都合上、クライアント先に出向しそこで働くという形態がある。
最近ではWeb業界でもこのような形で働く案件が増えているようで、
僕は現在、業務委託(客先常駐)という形で、ある会社にお世話になっている。
忙しい時もあれば暇な時もあり、そのあたりはフリーランスと変わらない。
違和感を感じるのは自分の立ち位置だ。

正社員じゃないけどバイトでもない。
新入社員じゃないからか、他の社員と仲良くなることもない。

もやもやとした気分が続いてたとき、この記事を読んで妙に納得してしまった。

客先常駐は人間関係がなぜ悪い?【知っておきたい4つの理由】
客先常駐で良かったことを考えてみた。

そもそもあまり良く思われていないようだ。
たしかに正社員と比べ短期間の契約だし、仲良くやるメリットがないのだ。

また、業務委託を採用する会社は人手が足りない、もしくは辞めていく人が多い会社であるため、
ブラック企業の確率が高いようだ。

そのような劣悪な環境の中で、正社員でもなく、すぐ辞める業務委託の人間がいても、
殺伐とした人間関係がよくなることはないわけだ。

しかし僕が常駐している会社は、苦手な人はいるが全体として親切な人が多く、
働きやすい環境のような気がする。
皆、やりがいを持って頑張っている所も良い刺激になる。
平均年齢が若いので、若さに付いていくのは大変だけど、
ここで良い人間関係を築けたり、スキルアップにつながればと思う。

onsen

40代フリーランスの悩み

40代になるからか、フリーランスになったからか、頻繁に今後の人生について考えることが多くなった。
webデザイナーという職業が若い人が主役の業界という理由からかもしれないし、
フリーランスという先が約束されていない立場だからかもしれない。

理由はいろいろあるが、1番の理由は、この歳になると、自分の着地点がだいたい見えてきたからだと思う。
20代30代は好きなことにがむしゃらに頑張る体力があったし、自分の着地点はまだ先に霞んでいたと思う。
ただ、頑張っても結果が出なかったり、頑張らなくても結果がでる経験をすると、
徐々にモチベーションが下がり、同時に体力も下がり、落ち所が見えてくる。

このタイミングが40前後なのかなと思う。

以前、面接でなぜこの業界にこれだけ長くいるのか、その理由を教えてほしいという質問を受けたことがある。
確かに業界15年は長いほうだと思う。
Web業界、デザイン業界が楽しくてしょうがないから、というわけではない。
一番の理由は、他にやりたいこと、やれることが無いからだ。

この程度の気持ちならもう長続きしないから、
そろそろこの仕事を辞めようと真剣に考えた時期が数年あった。

しかし、本当に他にやりたいことが見つからず、今の仕事がいやでいやで仕方がないわけでもない。
ならば少し後ろ向きな考えだが、これでいいのかなと思うようになった。

他にやりたいことが見つかれば、そちらへ向かう。
今の仕事は楽しい所もあるから続ける。

力まないスタンスで、肩肘張らない考えで歩く。
これからは「ゆるい感じ」でいけば、まだまだ成長できるかなと感じた。