春琴抄ロゴ

春琴抄ロゴ

谷崎潤一郎の作品「春琴抄」のロゴを勝手に考えてみた。
舞台は明治なのでレトロ感を出し、春琴の得意とする三味線、墓に咲く椿を使った。
今思うと、二人の晩年に愛した雲雀(ひばり)もいれるべきだった。
また、佐助が自らの眼を失明させ、そこからの二人の関係を表現できればと思った。

全体的にはどうしたら良いか、途中でわからなくなってしまったため、お蔵入りにしようと思ったが、
いつかどのへんが悪いのか説明ができるように、改変できるようになりたいので、
とりあえず載せておこう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です