税金について

大事なお金の話し。
まもなくフリーランス3年目。経理や確定申告のやり方もわかってきた。
節税対策、帳簿の付け方を教える本やサイトは多いが、
フリーランスの懐具合いが書いてあるところが少ないので、自分の経験を書こうと思う。

独立して経理や確定申告のやり方などを勉強して気づいたことだけど、
会社員と違ってフリーランスの税金はかなり安いことがわかった。
とともに会社員がいかに高い税金を払っているのかもわかった。

フリーランスになってからは仕事が少なくあまり働かなくなり、収入が減ったと思ったけど、
年間を通すと会社員時代より収入が良くなった。
これは制作費が直接自分の収入になったことと、
税金が安くなったからだと思う。

特に青色申告にすると65万も控除になる。
また自宅が仕事場なので、住宅ローン(家賃)や光熱費の一部を経費に計上できる。
仕事の関係のある書籍や交際費、項目をあげると様々な出費が経費となる。
確定拠出年金や小規模企業共済に加入すると全額控除にもなる。

これら経費、控除を売上から引くと計算上の自分の収入が決まり、
その金額に対し、所得税、住民税が決まる。
(国民健康保険は地域によって違ったりするので、安くするのが難しいらしい)

会社員は年収が決まると払う税金も決定するため、
フリーランスのように自分の努力で節税するのが難しいため、
自分の払う税金に対して無頓着な人が多いと思う。
もちろん自分もそうだった。

したがってフリーランスは仕事の量によって収入が激しく上下するデメリットがあるけど、
節税できるというメリットが享受できる。
なので僕の場合は収入が低い時期でもギリギリなんとかやっていけた。

フリーランスになって働く量が減り、少ない収入で暮らすのもよし、
会社員のままでたくさん働いて、たくさん納税するのも人それぞれだと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です