光の絨毯

noise()を使ってパーティクルの波をランダムに発生させ、宇宙空間ぽくしました。
今回は3次元なので、x軸、y軸、z軸にパーリンノイズを生成するためにnoise(x,y,z)として、各パラメータを取得しました。

コンピュータグラフィクスで自然物を表現するときのテクスチャや地形描写などで使われるパーリンノイズの生成に使います。
【構文】
noise(x)
noise(x, y)
noise(x, y, z)
【パラメータ】
x ノイズ空間におけるx座標(float)
y ノイズ空間におけるy座標(float)
z ノイズ空間におけるz座標(float)
【戻り値】
0.0から1.0の間の値(float)
またlerp関数を使用して、-speedとspeedの間の値を取得しました。
lerp(a, b, c)・・・aとbの間の、比cで指定される値を求める

p5.pde

int nPoints=30000;
float complexity =3;
float maxMass=0.05;
float timeSpeed=0.002;
float phase=PI;

float windSpeed=70;
int step=10;

float[] pollenMass;
float[][] points;

void setup(){
  //size(500,400,P3D);
  size(displayWidth, displayHeight,P3D);
  background(0);
  frameRate(30);
  points=new float[nPoints][2];
  pollenMass=new float[nPoints];

  for(int i=0;i<nPoints;i++){
    points[i]=new float[]{
     random(0,width),random(0,height) 
    };
    pollenMass[i]=noise(0,maxMass);
  }
}

void draw(){
  background(0);
  stroke(255);
  smooth();

  //camera(mouseX, mouseY, 220.0, width/2, height/2, height/2, 1, 1, 1);

  for(int i=0; i<nPoints; i++){
  pushMatrix();
    float x = points[i][0];
    float y = points[i][1];
    float z = points[i][1];

    float normx = norm(x, 0, width);
    float normy = norm(y, 0, height);
    float normz = norm(z, 0, -1000);
    float u = noise(phase, normx * complexity, normy * complexity);
    float v = noise(phase, normy * complexity, normz * complexity);
    float w = noise(phase, normz * complexity, normx * complexity);
    float speed = (1 + noise(u, v, w)) / pollenMass[i];
    x += lerp(-speed, speed, u);
    y += lerp(-speed, speed, v);
    z += lerp(-speed, speed, w);

    strokeWeight(z/random(100, 500));
    point(x, y, z);
    //image(particleImg, x, y, 30, 30);

    points[i][0] = x;
    points[i][1] = y;
    points[i][1] = z;
    popMatrix();

  }
}

void mousePressed(){
  setup();
}

void keyPressed() {
  if ( key == ' ' ) {
    save( "hoge.png" );
  }
}

またパーティクルの数(nPoints)は30000としていますが、
これ以上増やすと自分のマシンが遅くなるので、とりあえずこの数にしています。
もっと増やすと綺麗になりますが、処理落ちしてしまうので、この辺りは数を増やしたり減らしたりして、さじ加減が必要になるかと思います。

参考:noise() ノイズの生成
http://www.openprocessing.org/sketch/2785